---

現在症例登録を行っている治験

治験 ◀ R1.11月更新

医師主導治験 ◀ H31.3月更新


治験
承認番号 被験薬の
一般名
課題名 予定
症例数
実施
症例数
治験の
対象疾患
治験の期間 依頼者
190043-A
イブルチニブ
(PCI-32765)
ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬イブルチニブ(PCI-32765)の日本人原発性マクログロブリン血症(WM)患者を対象としたリツキシマブ併用第2相試験
1
0 日本人原発性マクログロブリン血症(WM)患者
ヤンセンファーマ株式会社
190037-A
カルフィルゾミブ 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象にレナリドミド及びデキサメタゾン併用時のカルフィルゾミブの週1回投与と週2回投与を比較する無作為化非盲検第Ⅲ相試験
2
0 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者 2019/  /  -
2022/03/31
小野薬品工業株式会社
190034-B
navitoclax
アジア人骨髄増殖性腫瘍患者を対象にnavitoclaxを単剤投与又はルキソリチニブと併用投与したときの安全性、忍容性及び薬物動態を評価する第Ⅰ相非盲検試験
2
0 アジア人骨髄増殖性腫瘍患者 2019/07/27-
2022/11/30
アッヴィ合同会社
180055-B
AMG531 免疫抑制療法未治療の再生不良性貧血患者を対象としたAMG531第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験
1
1
(まだ
登録
可能)
免疫抑制療法未治療の再生不良性貧血患者 2019/05/07-
2021/03/31
協和発酵キリン株式会社
180040-A
ベンダムスチン+
リツキシマブ(BR)療法単独、
BR療法と
acalabrutinib(ACP-196)との併用
未治療のマントル細胞リンパ腫患者を対象としたベンダムスチン+リツキシマブ(BR)療法単独とBR療法とacalabrutinib(ACP-196)との併用を比較検討する無作為化、二重盲検、プラセボ対照、多施設共同、第Ⅲ相試験
1
0 未治療のマントル細胞リンパ腫 2018/12/25-
2023/01/31
アセルタファーマ社・
アストラゼネカ株式会社
180016-B
BIVV009 最近の輸血歴を有しない特発性寒冷凝集素症患者を対象としたBIVV009の有効性及び安全性を評価する第3相無作為化二重盲検プラセボ対照試験
1
1
(まだ
登録
可能)
最近の輸血歴を有しない特発性寒冷凝集素症 2018/08/09-
2020/10/31
バイオベラティブ・ジャパン株式会社
180010-B
ベネトクラクス、
デキサメタゾン
t(11;14) 陽性の再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象にベネトクラクス及びデキサメタゾン併用投与をポマリドミド及びデキサメタゾン併用投与と比較する多施設共同無作為化非盲検第III相試験
3
3
(まだ
登録
可能)
陽性の再発又は難治性の多発性骨髄腫 2018/06/15-
2021/10/31
アッヴィ合同会社
179069
acalabrutinib
進行性B細胞性腫瘍の日本人成人患者を対象とした、選択的かつ不可逆的なブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬acalabrutinibの安全性、忍溶性、薬物動態、及び抗腫瘍効果を検討する第Ⅰ相試験
2
0
未治療CLL
2017/06/27-
2023/07/31
アストラゼネカ株式会社
168063 ASP2215 ASP2215第Ⅲ相試験-FLT3-ITD遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病患者を対象とした同種造血幹細胞移植後の維持療法におけるASP2215の多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相試験 2 0
FLT3-ITD遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病 2017/04/05-
2024/04/30
アステラス製薬株式会社
179031 ルキソリチニブ
同種幹細胞移植後の副腎皮質ステロイド抵抗性慢性移植片対宿主病患者を対象としたルキソリチニブとbest available therapyを比較する第III相ランダム化非盲検多施設共同試験(REACH 3) 6 6
(まだ
登録
可能)
同種幹細胞移植後の副腎皮質ステロイド抵抗性慢性移植片対宿主病
2017/10/23-
2023/03/31
ノバルティス ファーマ株式会社
2019.11月現在

医師主導治験
承認番号 被験薬の
一般名
課題名 予定
症例数
実施
症例数
治験の
対象疾患
治験の期間
189004-A
ニボルマブ 再発難治性末梢性T細胞リンパ腫に対するニボルマブの有効性の検討:医師主導臨床第Ⅱ相治験(W-JHS NHL02)
2
0 再発難治性末梢性T細胞リンパ腫 2018/05/01-
2021/04/30
2019.3月現在
▲TOPへ戻る