---

卒後臨床研修

平成16年度から卒後臨床研修制度が変更され、大学卒業後2年間の研修が必須となりました。それに対応するため大阪大学の卒後臨床研修制度も改訂されました。このシステムでは、大阪大学での卒後臨床研修を希望する人は、本学の卒後臨床研修センターに所属のうえ、大阪大学医学部附属病院、学外臨床研修協力病院を2年間スーパーローテートして頂くことになります(詳細は、大阪大学医学部付属病院研修医募集要項へ)。


そして、2年間の初期研修が終了した時点で、希望者は医局に正式に入局し、後期臨床研修の受け方について各医局と相談して決定するという流れとなります(各医局によって後期臨床研修の実施方法は様々です)。


当科でも医局への正式な入局は初期研修終了後になりますが、当科では、血液疾患に興味のある方で、大阪大学での研修を希望される方に研修内容につきまして随時説明を行い、また、マッチングに関しましても幅広いサポートを行っております。また、血液疾患を取り扱う当科の関連病院での研修を希望される方につきましても、研修病院の選択・推薦やマッチングなどにつきまして、ご相談に応じております。


以下に、当科での研修システム及びその後のコースにつき簡単に説明致しますが、ご質問、ご希望がありましたら、当科医局長までお気軽にご連絡下さい。