---

初期研修

1) 大阪大学でのスーパーローテートには3つのコースがあります。

a. 大阪大学医学部附属病院2年間コース

b. 大阪大学医学部附属病院1年間→臨床研修協力病院1年間コース

c. 臨床研修協力病院1年間→大阪大学医学部附属病院1年間コース

--- 初期研修についての詳細は「大阪大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター」へ ---

2) スーパーローテート期間中の血液・腫瘍内科での研修について

a. 研修内容

白血病(急性白血病・慢性白血病)、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などの血液の悪性疾患を主として扱いますが、再生不良性貧血、PNH、ITP、TTPなどの良性血液疾患や不明熱の鑑別診断など血液疾患を幅広く診ていただきます。


各研修医の先生には担当の病棟スタッフが一人ずつ割り当てられ、マンツーマンで責任をもって指導にあたります。個々の患者さんの治療方針は病棟スタッフとのディスカッション、カンファレンス、廻診において決定されますが、研修医の先生にはその場に立ち会って頂き、当科で行っている標準的な化学療法から最先端の各種の造血幹細胞移植術までを実践していただきます。

b. 身につく知識

・主な血液疾患の鑑別診断および標準的治療

・抗がん剤の種類と投与法

・抗がん剤の副作用の管理

・白血球減少時(好中球減少時)の感染予防

・抗生物質の使用法(好中球減少時の発熱に対する治療)

・輸血(マッチング法を含めて)

・中心静脈カテーテルの管理

・院内感染予防:ユニバーサルプレコーション

・造血幹細胞移植

c. 習得できる手技

・骨髄穿刺および骨髄生検

・腰椎穿刺および髄注

・血管確保(末梢および中心静脈)

・末梢血や骨髄液のスメア標本の作製・染色と顕微鏡での観察

・成分採血(末梢血幹細胞採取)