---

2016年

In Japanese


冨山佳昭. 血小板ADP受容体の基礎と臨床. Annual Review2016血液(高久史麿, 小澤敬也, 金倉 譲, 小島勢二, 矢冨 裕編),中外医学社, 東京, 2016, pp169-178

冨山佳昭. 特発性血小板減少性紫斑病. 日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2016-2017 (門脇 孝, 小室一成, 宮地良樹) pp448-452

冨山佳昭. 特発性血小板減少性紫斑病(ITP). メディカル・テクノロジー 44:362-367, 2016

冨山佳昭,佐藤金夫,尾崎由基男,清水美衣,田村典子,西川政勝,野村昌作,堀内久徳,松原由美子,矢冨 裕,山崎昌子,羽藤高明. 「透過光血小板凝集検査法の標準化:国際血栓止血学会血小板機能部会からの提言」の紹介と解説. 血栓止血誌 27:365-369, 2016

冨山佳昭. 輸血療法とその副作用対策. Medical Practice 33:1461-1465, 2016

冨山佳昭. 妊娠ITPの治療方針は?. EBM血液疾患の治療2017-2018(金倉 譲, 木崎昌弘, 鈴木律朗, 神田善伸編),中外医学社, 東京, 2016, pp389-391

織谷健司. 真性多血症・本態性血小板血症・原発性骨髄線維症の診断. 最新醫学別冊 診断と治療のABC 113:77-84, 2016

織谷健司. Ph陰性骨髄増殖性腫瘍に対する新規治療薬. Ph陰性骨髄増殖性疾患~分子病態と治療の最前線~(金倉 譲編),医薬ジャーナル社,大阪,2016,pp45-51

柴山浩彦. Ⅶ 血液疾患 4多発性骨髄腫. 診療ガイドライン UP-TO-DATE 2016-2017(門脇孝, 小室一成, 宮地良樹 監修),メディカルレビュー社,大阪,2016, pp 436-442

柴山浩彦. 第2章 血液の機能と仕組み 2.各白血球の働き. 血液科 研修ノート(永井良三総監修, 神田善伸編集), 診断と治療社, 東京, 2016 , pp 45-48

柴山浩彦. Ⅶ 多発性骨髄腫の治療と支持療法 4.多発性骨髄腫の治療(6)地固め維持療法-移植非適応例. 日本臨床(増刊号)多発性骨髄腫学 2016, pp402-406

柴山浩彦. トピックス Ⅷ.多発性骨髄腫に対する新規治療薬. 日本内科学会雑誌 105: 1255-1260, 2016

柴山浩彦. Ⅰ 次世代新規薬剤の開発 6.現在開発中の次々世代薬オーバービュー 3)Marizomib, Filanesib. 多発性骨髄腫 Updating 第9巻 治療抵抗性の克服に向けて~第二世代PIから次々世代薬まで~(清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編),医薬ジャーナル社,大阪,2016, pp 157-165

柴山浩彦. 第8章リンパ系腫瘍の診断と治療・予後因子 B B細胞性腫瘍 4 ヘアリーセル白血病. 造血器腫瘍アトラス(改訂第5版)(谷脇雅史,横田昇平,黒田純也編),日本医事新報社,東京,2016, pp 488-494

柴山浩彦. Ⅱ 臨床所見と初診時検査 2.初診時検査 1)骨髄・末梢血検査 2)表面マーカー 3)M蛋白. 多発性骨髄腫の診療指針 第4版(日本骨髄腫学会編), 文光堂, 東京,2016, pp 10-14

柴山浩彦. V 多発性骨髄腫と関連疾患 7.原発性マクログロブリン血症の治療. EBM 血液疾患の治療 2017-2018(金倉譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸編),中外医学社,東京,2016,pp 368-372

柴山浩彦. UP-TO-DATE 多発性骨髄腫のいまを知る 5 骨髄腫による合併症とその対策. 多発性骨髄腫診療 PROGRESS (赤司浩一監修),メディカルレビュー社,大阪,2016, pp 44-48

柴山浩彦. Ⅷ.白血病の治療:各論(化学療法と分子標的療法)有毛細胞白血病. 日本臨床(増刊号)白血病学(下)-最新の基礎, 臨床研究-2016, pp201-206

柏木浩和. 自己免疫性血小板減少症. 血液科研修ノート(永井良三,神田善伸編),診断と治療社,東京,2016,pp360-364

柏木浩和. ITPの治療. EBM血液疾患の治療2017-2018(金倉 譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸編),中外医学社,東京,2016,pp392-396

柏木浩和. 本態性血小板血症の分子病態と治療の進歩. Ph陰性骨髄増殖性疾患~分子病態と治療の最前線~(金倉 譲編),医薬ジャーナル社,大阪,2016,pp62-73

西村純一. 発作性夜間血色素尿症(PNH)の補体がかかわる最新の話題と抗補体療法の未来. 医学のあゆみ,257,827-831,2016

西村純一,金倉譲. PNH診療の参照ガイド. 血液フロンティア 26:21-28,2016

西村純一. 発作性夜間ヘモグロビン尿症に対する治療. EBM 血液疾患の治療 2017-2018(金倉譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸編),中外医学社,東京,2016,pp65-69

西村純一. 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH:paroxysmal nocturnal hemoglobinuria):最近の話題. 日本検査血液学会雑誌 17:380-387,2016

一井倫子,森山康弘,柴山浩彦. 私のこの一枚(148)広範囲の皮膚浸潤を伴うび慢性大細胞型B細胞リンパ腫. 血液フロンティア 26(10): 1349-1353, 2016

一井倫子,森山康弘,柴山浩彦. 広範囲の皮膚浸潤を伴うび漫性大細胞型B細胞リンパ腫. 広範囲の皮膚浸潤を伴うび漫性大細胞型B細胞リンパ腫

植田康敬,西村純一. PNHのエクリズマブ療法における問題点:不応例と血管外溶血. 血液フロンティア 26:39-46、2016

高森弘之,植田康敬,西村純一. PNHの診断と治療の最前線. 血液内科 73:208-214,2016

氏本大介,西浦伸子,藤田二郎,前田哲生,柏木浩和,織谷健司,金倉譲. 橋本病,後天性表皮水疱症に合併した後天性血友病Aの一例. 近畿血液学地方会 105:34,2016

川口辰哉,金倉譲,西村純一,二宮治彦,橋本岳,福山哲郎,前田彰久,河陽輝,関つたえ,村上早代子.
三位一体(医療・行政・患者)で進める難病問題 -さきがけとしてのPNH-. PNH Frontier 3:6-17, 2016

小杉智,柴山浩彦,中谷英仁,木田亨,太田健介,金子仁臣,八木秀男,田中宏和,渕田真一,中谷綾,小林正行,黒田純也,上辻由里,魚嶋伸彦,足立陽子,通堂満,島崎千尋,野村昌作,日野雅之,松村到,谷脇雅史,金倉譲,高折晃史. 骨髄腫関連疾患における二次癌の検討―関西骨髄腫フォーラムデータベースを用いた解析-. 臨床血液 2016 July; 57(7): 839-847.

扇屋大輔,柴山浩彦,中谷英仁,安藤潔,鈴木憲史,黒田芳明,内田俊樹,丸山大,松本守生,末永孝生,飯田真介,照井康仁,李政樹,張高明,青墳信之,田端淑恵,小西順,大橋一輝,品川篤志,杉浦勇,黒田純也,宮本敏浩,小椋美知則,飛内賢正,金倉譲,堀田知光. 移植非適応の多発性骨髄腫日本人患者に対するMPB療法(JPN-102試験)の長期フォローアップ解析. 臨床血液 2016 Nov; 57(11): 2311-2318.

細川美香,中山小太郎純友,櫻木美基子,中尾まゆみ,森川珠世,清川知子,青地 寛,永峰啓丞,和田浩志,丸橋 繁,江口英利,永野浩昭,冨山佳昭. ABO血液型メジャー不適合成人生体肝移植におけるリツキシマブ投与例, 非投与例の抗A,抗B抗体価の推移とFFPの使用状況. 日本輸血細胞治療学会誌 62:24-31, 2016

中山小太郎純友,細川美香,櫻木美基子,森川珠世,中尾まゆみ,清川知子,青地 寛,永峰啓丞,冨山佳昭. ポンプ用“輸血”セットとポンプ用“輸液”セットの包装酷似性とその取り違えインシデント. 日本輸血細胞治療学会誌 62:585-586, 2016

森田泰慶,西村純一. 発作性夜間ヘモグロビン尿症合併妊娠の管理上の注意点. 血液内科 72:266-271,2016
<< 最初   < 前 1  2