---

2009 年

In English


Yokota T, Oritani K, Butz S, Kokame K, Kincade PW, Miyata T, Vestweber D, Kanakura Y. The endothelial antigen ESAM marks primitive hematopoietic progenitors throughout life in mice.
Blood 113:2914-2923, 2009

Fukushima K, Matsumura I, Ezoe S, Tokunaga M, Yasumi M, Satoh Y, Shibayama H, Tanaka H, Iwama A, Kanakura Y. FIP1L1-PDGFRalpha imposes eosinophil lineage commitment on hematopoietic stem/progenitor cells.
J Biol Chem 284:7719-7732, 2009

Akiyama M, Kashiwagi H, Todo K, Moroi M, Berndt, MC, Kojima H, Kanakura Y, Tomiyama Y. Presence of platelet-associated anti-GPVI autoantibodies and restoration of GPVI expression in patients with GPVI deficiency.
J Thromb Haemost 7:1373-1383, 2009

Tatsumi M, Sugahara H, Higuchi I, Fukunaga H, Nakamura H, Kanakura Y, Hatazawa J. Standardized uptake value on FDG-PET as a marker for disease activity in patients with non-Hodgkin's lymphoma: comparison with serum soluble interleukin-2 receptor values.
Int J Clin Oncol 14:150-158, 2009

Wada N, Ikeda J, Kohara M, Ogawa H, Hino M, Fukuhara S, Kanamaru A, Sugiyama H, Kanakura Y, Morii E, Aozasa K. Diffuse large B-cell lymphoma with a high number of epithelioid histiocytes (lymphoepithelioid B-cell lymphoma): a study of Osaka Lymphoma Study Group.
Virchows Arch 455:285-293, 2009

Ishikawa J, Maeda T, Matsumura I, Yasumi M, Ujiie H, Masaie H, Nakazawa T, Mochizuki N, Kishino S, Kanakura Y. Antifungal activity of micafungin in serum.
Antimicrob Agents Chemother 53:4559-4562, 2009

Nakamichi I, Shimazu K, Ikeda J, Yamauchi A, Ishiko J, Mizuki M, Kanakura Y, Aozasa K. Intravascular lymphomatosis initially suspected from uterine cytology: a case report.
Acta Cytol 53:198-200, 2009

Miyagawa S, Matsumiya G, Funatsu T, Yoshitatsu M, Sekiya N, Fukui S, Hoashi T, Hori M, Yoshikawa H, Kanakura Y, Ishikawa J, Aozasa K, Kawaguchi N, Matsuura N, Myoui A, Matsuyama A, Ezoe S, Iida H, Matsuda H, Sawa Y. Combined autologous cellular cardiomyoplasty using skeletal myoblasts and bone marrow cells for human ischemic cardiomyopathy with left ventricular assist system implantation: report of a case.
Surg Today 39:133-136, 2009

Honda S, Shirotani-Ikejima H, Tadokoro S, Maeda Y, Kinoshita T, Tomiyama Y, Miyata T. Integrin-linked kinase associated with integrin activation.
Blood 113:5304-5313, 2009

Sekine Y, Ikeda O, Tsuji S, Yamamoto C, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T. Signal-Transducing Adaptor Protein-2 Regulates Stromal Cell-Derived Factor-1{alpha}-Induced Chemotaxis in T Cells.
J Immunol 183:7966-7974, 2009

Nakamoto T, Murayama Y, Oritani K, Boucheix C, Rubinstein E, Nishida M, Katsube F, Watabe K, Kiso S, Tsutsui S, Tamura S, Shinomura Y, Hayashi N. A novel therapeutic strategy with anti-CD9 antibody in gastric cancers.
J Gastroenterol 44:889-896, 2009

Sekine Y, Yamamoto C, Ikeda O, Muromoto R, Nanbo A, Oritani K, Yoshimura A, Matsuda T. The protein content of an adaptor protein, STAP-2 is controlled by E3 ubiquitin ligase Cbl.
Biochem Biophys Res Commun 384:187-192, 2009

Ikeda O, Sekine Y, Mizushima A, Oritani K, Yasui T, Fujimuro M, Muromoto R, Nanbo A, Matsuda T. BS69 negatively regulates the canonical NF-kappaB activation induced by Epstein-Barr virus-derived LMP1.
FEBS Lett 583:1567-1574, 2009

Muromoto R, Taira N, Ikeda O, Shiga K, Kamitani S, Togi S, Kawakami S, Sekine Y, Nanbo A, Oritani K, Matsuda T. The exon-junction complex proteins, Y14 and MAGOH regulate STAT3 activation.
Biochem Biophys Res Commun 382:63-68, 2009

Muromoto R, Ikeda O, Okabe K, Togi S, Kamitani S, Fujimuro M, Harada S, Oritani K, Matsuda T. Epstein-Barr virus-derived EBNA2 regulates STAT3 activation.
Biochem Biophys Res Commun 378:439-443, 2009


In Japanese


金倉 譲. 発作性夜間血色素尿症の病態と治療. 日本内科学会雑誌 98:275-280, 2009

金倉 譲. 造血器腫瘍治療薬の作用と治療効果. 日本検査血液学会雑誌 10:425-426, 2009

金倉 譲. 造血細胞の分子シグナルと疾患 -チロシンキナーゼを中心として-. 分子細胞治療 8:411-419, 2009

金倉 譲. PNHの診断と治療. 臨床血液 50:145-152, 2009

松村 到. 急性骨髄性白血病の治療. 臨床血液 50:65-76, 2009

松村 到, 金倉 譲. 造血器腫瘍におけるmiRNAの異常とその役割. Annual Review 血液 2009(高久文磨,溝口秀昭,小宮山淳,坂田洋一,金倉 譲編),中外医学社,東京, 2009, pp110-116

松村 到, 金倉 譲. 遺伝子発現からみた急性白血病の予後. 血液・腫瘍科 58:8-13, 2009

松村 到, 金倉 譲. 慢性好酸球性白血病/好酸球増加症候群における染色体・遺伝子異常. 血液・腫瘍科 58:146-151, 2009

松村 到, 金倉 譲. 過剰鉄と造血-生体内自由鉄とのかかわりをさぐる. 分子細胞治療 8:26-31, 2009

松村 到, 金倉 譲. MPDに対する新たな治療戦略. 細胞 41:20-23, 2009

松村 到, 金倉 譲. 血液製剤の種類と適応. 総合臨床 58:385-389, 2009

松村 到, 金倉 譲. CMLに対する新規チロシンキナーゼ阻害薬. 総合臨床 58:1708-1712, 2009

松村 到, 金倉 譲.分子遺伝学的完全寛解が得られた時点でイマチニブを減量・中止することは可能か? EBM 血液疾患の治療2010-2011(金倉 譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸編),中外医学社,東京,2009,pp191-195

松村 到, 金倉 譲. 肥満細胞症. 血液フロンティア 19:37-46, 2009

松村 到, 金倉 譲. Imatinib耐性・不耐容の慢性骨髄性白血病に対する治療. 血液疾患エキスパート(松村 到,高橋 聡,宮崎泰司編),中外医学社,東京,2009, pp214-228

松村 到, 金倉 譲. 造血の分子機構. 内科学書(小川 聡編),中山書店,東京,2009,pp8-9

松村 到, 赤司浩一, 薄井紀子, 神田善伸, 宮崎泰司. 慢性骨髄性白血病治療の現状と病態に基づいた今後の治療. Trends in Hematological Malignancies 1:8-17, 2009

水木満佐央, 金倉 譲. 慢性骨髄性白血病. 入門腫瘍内科学(日本臨床腫瘍学会監修, 『入門腫瘍内科学』編集委員会), 篠原出版新社, 東京, 2009, pp244-246

水木満佐央,金倉 譲. 肥満細胞症. WHO分類第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学(押味和夫監修, 木崎昌弘, 田丸淳一編),中外医学社, 東京, 2009,pp47-55

冨山佳昭. 特発性血小板減少性紫斑病. 今日の治療指針 2009年版(山口 徹, 北原光夫, 福井次矢編),医学書院, 東京, 2009, pp516-517

冨山佳昭. 血小板活性化と動脈硬化. Annual Review血液2009(高久史麿, 小澤敬也, 坂田洋一, 金倉 譲, 小島勢二編), 中外医学社, 東京, 2009, pp193-198

冨山佳昭. 海外論文紹介:プラスグレルを用いた血小板阻害の最適化による治療成績向上の評価研究において、より強力な経口抗血小板療法が糖尿病患者にもたらした臨床的ベネフィット. Angiology Frontier 8:86-87, 2009

冨山佳昭. アレルギー性紫斑病. Year note series/Selected articles 主要病態・主要疾患の論文集 2010(医療情報科学研究所編), メディックメディア, 東京, 2009, pp1291-1296

冨山佳昭. 血小板の分子生物学. 月刊Medical Technology 別冊 血小板/顆粒球 抗原・抗体検査標準マニュアル(高橋孝喜, 十字猛夫, 柴田洋一, 徳永勝士, 永尾暢夫監修), 医歯薬出版株式会社, 東京, 2009, pp52-58

冨山佳昭. 用語解説:Eltrombopag. 分子細胞治療 8:54-56, 2009

冨山佳昭. 特発性血小板減少性紫斑病. 内科 増大号:Emergency実戦ガイド 103:1602-1606, 2009

冨山佳昭. 血小板に対する自己免疫応答. 血液フロンティア 19:41-48, 2009

冨山佳昭. 海外論文紹介:リバロキサバンとエノキサパリンの人工股関節置換術後の血栓予防効果の比較検討. Angiology Frontier 8:72-73, 2009

冨山佳昭. 血液凝固因子製剤(免疫グロブリン). 日本血栓止血学会誌 20:275-277, 2009

冨山佳昭. Bernard-Soulier症候群. 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 血小板減少症・増加症(池田康夫編), 最新医学社, 大阪, 2009, pp158-166

冨山佳昭. 海外論文紹介:クロピドグレル反応性を規定する遺伝素因と心血管イベント. Angiology Frontier 8:76-77, 2009

冨山佳昭. 難治性ITPに対する新規治療法は?. EBM血液疾患の治療2010-2011(金倉 譲, 木崎昌弘, 鈴木律朗, 神田善伸編), 中外医学社, 東京, 2009, pp434-438

冨山佳昭. アレルギー性紫斑病. 血液疾患診療ハンドブック-診療の手引きと臨床データ集- 改訂版(吉田彌太郎編), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2009, pp638-642

冨山佳昭. 新規抗血小板薬の分子標的. 脳卒中 31:580-585, 2009

冨山佳昭. 海外論文紹介:Kindlin3の点突然変異はヒトにおいて3種類のインテグリンサブファミリーの活性化を障害する. Angiology Frontier 8:78-79, 2009

冨山佳昭. 止血/血栓形成と血小板機能を識る. Heart View 13:36-42, 2009

冨山佳昭, 半田 誠, 池田康夫. 座談会 血小板をめぐる最新の話題. 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 血小板減少症・増加症(池田康夫編), 最新医学社, 大阪, 2009, pp222-228

織谷健司, 金倉 譲. Bリンパ球初期分化と制御機構. 臨床免疫・アレルギー科 51:66-71, 2009

織谷健司, 金倉 譲. ダサチニブ(スプリセル). 腫瘍内科 4:79-84, 2009

柏木浩和. 止血機序とその破綻. 日本内科学会誌 98:1554-1561, 2009

柴山浩彦,金倉 譲. ヘアリーセル白血病(HCL). 造血器腫瘍アトラス(阿部達生編),日本医事新報社,東京,2009,pp309-313

柴山浩彦,待井隆志. 慢性リンパ性白血病と類縁疾患. 血液疾患診療ハンドブック(吉田弥太郎編),医薬ジャーナル社,大阪,2009,pp287-300

西村純一. 血液病とQOL−溶血性貧血とQOL. 血液フロンティア 13:11-18,2009

西村純一. 発作性夜間ヘモグロビン尿症の治療について. 再生つばさの会 67:1-2, 2009

田所誠司. 血小板インテグリンaIIbb3活性化の細胞内メカニズム. 日本血栓止血学会誌 20:574-581, 2009

横田貴史, 織谷健司, 金倉 譲. 新たな造血幹細胞マーカーESAM. 血液・腫瘍科 59:209-216, 2009

田中宏和, 松村 到, 金倉 譲. 白血病幹細胞研究の動向. Biotherapy 23:364-370, 2009

松井崇浩, 日高道弘, 河北敏郎, 井上佳子, 榮 達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 塚本敦子, 清川哲志, 河野文夫. rituximabにより血清病を呈した造血器腫瘍の2症例. 臨床血液 50:304-308, 2009

大橋祥文, 後藤幸子, 高橋りょう子, 大田典之, 平尾 収, 内山昭則, 冨山佳昭, 藤野裕士. 食道癌術後患者におけるアルブミン製剤適正使用厳守による影響の検討. 日本集中医学会雑誌 16:425-427, 2009

林 悟, 西山美保, 末久悦次, 柏木浩和, 倉田義之, 冨山佳昭. 網状血小板測定法2法の比較検討と臨床的有用性の検討 -フロサイトメトリー(FCM)法と多項目自動血球分析装置XE-2100による自動測定(IPF)法-. 臨床病理 57:1039-1044, 2009

本田繁則, 池島-城谷裕子, 松田泰幸, 田所誠司, 前田祐輔, 木下タロウ, 冨山佳昭, 宮田敏行. 変異導入法を用いた血小板インテグリンαIIbβ3の機能調節に関わる分子の探索. 日本血栓止血学会誌 20:615-621, 2009