---

第11回 大阪リンパ腫研究会(OLSG)総会のお知らせ

2010-11-02 柴山 浩彦
[日時]   平成22年11月13日(土)午後2時より
[場所]   エコルテホール 阪急電鉄本社ビル1階
      大阪市北区芝田1-16-1 ℡:06-6377-2100
[会費]   500円

[開会の挨拶](14:00-14:05)

      大阪大学大学院医学系研究科 病態病理学 青笹克之先生


[一般演題](14:05-15:45)(発表20分、質疑5分)
    
      座長 兵庫医科大学 内科学講座 血液内科 小川啓恭先生

1.EBV in DLBCL in immunocompetent patients in Japan is as low as in Western countries
     大阪大学 病態病理 和田直樹、青笹克之
     大阪リンパ腫研究会

2.診断に難渋したEBV陽性悪性リンパ腫の1例
     KKR大手前病院 血液内科 森川陽一郎、新開泰宏、内田陽三、久山純、三井秀紀
     KKR大手前病院 病理部 有馬良一

3.多彩な神経症状にて再発をきたしたランゲルハンス細胞組織球症の一例
     八尾市立病院 血液内科 服部英喜、桑山真輝
     八尾市立病院 化学療法科 古武剛、烏野隆博
     大阪大学 病院病理部 藤田茂樹
     大阪警察病院 病理診断科 辻本正彦、野口教彦
     大阪大学 病態病理 青笹克之

4.経過中にEBER陽性Reed-Sternberg cellの出現をみたsmall lymphocytic lymphomaの1例
     大阪大学 病態病理 池田純一郎、和田直樹、青笹克之
     大阪大学 血液・腫瘍内科 小原尚恵、田中宏和、金倉譲

[特別講演](16:00-17:00)
    
       座長 大阪大学 血液・腫瘍内科 金倉譲先生

  「本邦におけるT細胞リンパ腫研究の回顧と今後への期待:特にATLLを中心にして」

            国立がん研究センター中央病院 下山正徳先生

[事務局連絡および臨床プロトコール紹介](17:00-17:30)
   
       司会 兵庫医科大学 血液内科 相馬俊裕先生

[閉会の挨拶](17:30-17:35)
   
       大阪市立大学 血液腫瘍制御学 日野雅之先生