---

会則

大阪大学医学部血液・腫傷内科/微生物病研究所内科同窓会会則


第1章 名称及び所在

第 1 条 本会は大阪大学医学部血液・腫傷内科/微生物病研究所内科同窓会(阪大血液・腫傷内科/微研内科同窓会と略称)と称する。

第 2 条 本会は事務所を大阪大学医学部血液・腫傷内科企画情報室内に置く。

第2章 組織および目的

第 3 条 本会は大阪大学微生物病研究所附属病院内科および大阪大学医学部血液・腫傷内科に在籍した医局員ならびに医局員に準ずるものおよび現在在籍する医局員と他に同窓会会長が会員と認めたもの。

第 4 条 本会は会員相互の向上発展を図り親睦を厚くするとともに阪大医学部血液・腫傷内科の発展に寄与することを目的とする。

第3章 会員ならびに役員

第 5 条 会員は第3条に当たるものを正会員とし、会長をつとめたものを名誉会長に推す。

第 6 条 本会会員の身上に移動を生じた時は、速やかに本会に通報する。

第 7 条 本会に下記の役員を置く。
      会長 現職医長
      幹事長ならびに幹事。学外幹事若干、学内幹事若干を置き、総会の決議により幹事を委嘱し、幹事相互で幹事長を推薦する。

第 8 条 幹事の任期は2年とする。但し留任を妨げない。

第 9 条 幹事会は必要に応じ開き会長、名誉会長の助言を得て会の運営にあたる。

第4章 各種委員会

第 10 条 本会は第4条の目的達成のため目的に従い、会長および総会の承認を得て、各種の委員会をおくことが出来る。

第5章 事業

第 11 条 本会は第4条の目的達成のため下記の事業を行う。
       1..本会発展のために必要な集会および事業
       2..名簿の発行
       3..総会は年1回とし、その時期は幹事会にて決定する。

第6章 会計

第 12 条 本会会計年度は 1月1日に始まり、 12月31日に終わる。

第 13 条 会員は会費として年額5,000円を納めるものとする。但し特別の理由のあるものについては幹事会にはかりこれを減免することができる。また、75歳以上の会員については同窓会費及び総会参加費が免除され、大学卒業後4年以下の会員については同窓会費と初回の総会参加費が免除される。

第 14 条 本会の維持隆盛を目的とするため、会員および有志の金品寄付は、之を受理する。

第 15 条 本会の資産は会長が管理する。

第7章 会則の改正

第 16 条 この会則は、必要を生じた場合、総会に図り、会長の承認を得て改正することができる。

第8章 退会

第 17 条 死亡その他の理由により退会を認めるでき事態が生じた場合は、同窓会会長が、これを決める。

付則
会則は、昭和52年1月15日より施行。
昭和61年1月18日一部改正。
平成2年1月20日一部改正。
平成5年9月1日一部改正。
〔大阪大学微生物病研究所附属病院と大阪大学医学部附属病院の統合に伴う改正〕
平成21年1月24日一部改正。
平成23年1月22日一部改正。